© 著作権2019 PCGについて
そしてすべての権利を保持する

PCGの変遷

PCCW & HKT

2019

PCCW/HKT、バーチャルバンキングのライセンスを取得

スタンダードチャータード銀行、PCCW、HKTおよびCtripは、香港での新たな独自のデジタル小売銀行の設立を目指して戦略的合弁事業を立ち上げました。本合弁事業は、この度、香港金融管理局よりバーチャルバンクの運営許可を付与された新事業組織の下で実施される予定です。

FWD Logo

2019

FWD、マレーシアでの事業買収を梃にアジアビジネスを拡大

FWDがHSBC傘下のAmanah Takaful (マレーシア)の株式を49%取得し、マレーシア市場に進出した。

FWD Logo

2017

FWD、日本の市場市場に進出

FWDがAIG富士生命保険の買収を発表した。

2016

PCCW 香港で無料テレビViu開始

PCCW メディアは、初の無料TVチャンネルViuTV 99を香港で2016年4月に開始。

2015

PCCWによるVuClip買収とViu事業開始

PCCW メディアは、新興市場におけるモバイルビデオのリーダーであるVuClipを買収し、2015年3月にViuを開始。Viu のOTT (Over-The-Top) マルチスクリーンビデオサービスは、2015年10月に香港で開始され、2016年にはシンガポール、インドネシア、マレーシア、インドへ、また2017年にはタイに進出。現在15の国・地域でサービスを展開。

2014

HKT によるCSL買収

HKTは2014年5月にCSL New World Mobilityの買収を完了し、香港最大の無線サービスプロバイダーとなった。

FWD Logo

2013

FWDグループの設立

PCGはオランダ保険会社INGグループの香港、マカオ、タイにおける保険事業を買収し、FWDに改称。以降、 FWDはインドネシア、フィリピン、ベトナム、シンガポール、日本に拠点を拡大し、それらの市場に生命保険を提供。

2010

パインブリッジ・インベストメンツの設立

PCGは、アメリカン・インターナショナル・グループの資産管理事業を買収しパインブリッジ・インベストメンツに改称。2016年12月現在、パインブリッジはグローバルネットワークを通じて827億米ドルを管理。

2002

nowTVサービス開始

リチャード・リーは、PCCWを通じて、世界初のメジャーIPTVサービスnowTVを立ち上げ。今日、now TVは全世界のIPTV加入者のうち5分の1を占め世界最大の商業展開となっている。nowTVは約200のチャンネルを提供し、香港で最大のペイTV事業者。

2002

HKSAR スマートIDカードシステムの開発

PCCWのITサービス事業であるPCCWソリューションズは、2002年に香港政府からスマートIDカードシステムの開発契約を獲得。このシステムは、多数の国際的な表彰および賞を受賞し、香港市民によって広く利用されている。

2000

PCCWの立ち上げ

PCCWは、Cable&Wireless HKT(旧香港テレコム)を買収し、電気通信、メディア、ITソリューション、不動産開発投資、およびその他の事業を基盤とする企業体を組織。

1999

サイバーポートの創設

リチャード・リーは香港経済におけるテクノロジーの役割に対する意識を高めるため、サイバーポートを創設。今日ではマイクロソフトやIBMを含む60の企業と、その内25以上のスタートアップ企業の本拠地となっている。

1996

PCCW 設立

パシフィック・センチュリー・サイバー・ワークス (PCCW)が設立、後にPCCWリミテッドに改称。

1993

パシフィック・センチュリー・グループ設立

李沢楷(リチャード・リー)はスターTVの売却資金を使って、アジアを拠点としたプライベート・インベストメント・グループであるパシフィック・センチュリー・グループ(PCG)を創設。現在、PCGは中核ビジネスの3本柱である金融サービス、テクノロジー、メディア&通信、および不動産で主に投資。PCGは現在世界中に展開するも、主にシンガポール、香港、日本を含むアジア太平洋地域を拠点とする。